Site Overlay

トランクルームは現代日本の住環境の変化や多様性を認める時代背景に合わせて規模を拡大しています。しかし、貸倉庫との区別が付かないいう人も少なくありません。
一体2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

トランクルームと貸倉庫の大きな違いとは

貸倉庫とトランクルームの大きな違いは契約形態にあります。
貸倉庫は賃貸契約なのに対してトランクルームは委託契約になります。賃貸契約とは場所を貸し出す契約であり委託契約とは物を預かる契約であるため、その性質には明らかな区別が付けられます。
また、場所を貸し出す契約の場合には中に入れる荷物に対しての保証が無いという点にも注目が集まります。委託契約は物を預かるという契約になるため環境やセキュリティも整えなければいけません。

そもそも、倉庫に賃貸契約を結ぶことが普及したのは昭和6年です。
自社スペースで保管することが出来ない企業が荷物を置く場所として倉庫を利用しました。しかし、昭和61年に個人利用する消費者と今まで曖昧なルールで運営を行なってきた業者とでトラブルが起きたことから委託契約がスタートしたのです。この違いを踏まえることによって混乱を防ぐことが出来るでしょう。

メリットとデメリット

貸倉庫は大きなメリットとして大きな荷物を預けることが出来ることや時間に関係なく出入り出来ること、出入りにスタッフが立ち会うことがないということが挙げられます。
逆にデメリットは環境に対しての補償が無いことや契約時の書類提出や保証人の確保が面倒な場合があること、さらにセキュリティ対策が万全ではないということが言えます。

トランクルームの場合には保管環境としての環境が徹底されているため空調設備などが導入されており、それ以外にもセキュリティ対策が万全だという点が挙げられます。また、個人向けのサービスが一般的になっているためきめ細やかな対応が魅力的です。
また、自分の求める大きさのスペースを借りるため安価で利用が可能です。しかし、業者規模の大きな荷物を預けたい場合割高になったり、荷物の出し入れや申し込みにスタッフの立ち合いが必要な場合があるため注意しましょう。

理解して賢く使いこなそう

契約形態が違うということが貸倉庫とトランクルームの違いです。
賃貸契約は場所を貸し出す契約になるため荷物に関しての保証がありません。委託契約は物を預かる契約になるため、その管理体制は厳重なものになります。
これは歴史によって法律が様変わりしていったという経緯があるため、その違いを理解することが大切です。

また、貸倉庫は主に業者を相手にしているため荷物が大きかったり自由度が高いことが挙げられますが、もちろん保管した荷物の管理はあくまでも自己責任です。
トランクルームは個人での利用を想定したケースが多いため預け入れた荷物の保証がきちんとされます。しかし、極端に大きなものを搬入しようとした場合料金が割高になることも考えられるため注意が必要です。

貸倉庫やトランクルームはまだまだ認知度の低いものですが、全国各地で利用できる場所は意外と多いです。
トランクルームや貸倉庫を探すだけでも一苦労なので、パソコンやスマホで手軽に探せるエリアリンクのグッドトランクがおすすめです。
細かい条件設定から探すことができるので、自分の希望に合うトランクルームを見つけることができます。

グッドトランクでエリアリンクのトランクルームを探す